消費者金融の利用者はどんな人か

今日はちょっと面白いデータの話です。
消費者金融の利用者がどんな人なのかというデータです。

消費者金融から借入をしている人のイメージというと、
なんとなく誰も同じことを想像してしまうと思います。

これはNTTが集計したデータでなかなか信憑性のあるものです。

ではどんな人が消費者金融からお金を借入しているのか見てみましょう。
大きく分けると5つのパターンがあるようです。
比率もあるので併せてご覧下さい。

①生活するため…36.5%
②少しお金が足りなくなったので…19.7%
③趣味や娯楽のため…15.8%
④借金返済のため…21.8%
⑤おこずかい調達のため…6.2%

ということになっています。

最も多いのが①の生活するためですが、これは④と同じことが言えると思います。生活を維持するために他からも借入をして、その借金返済のために更にお金を借りている訳ですからね。

つまり、生活を維持するために約60%もの人が消費者金融からお金を借りているということになります。

この数字から読み取れることは、やはり世の中は生活苦の人が多いということです。
借入をしている人が60%ということですから、生活苦でもなんとか借金はせずに節約で暮らしている人もいることでしょう。それらを踏まえるとかなりの比率で生活苦の方が多いということになりますね。

消費者金融というとちょっと手を出してはいけない、恥ずかしいと思われている方も多いかもしれませんが、今ではかなり日常生活に浸透してきたといえると思います。もっというと、消費者金融をうまく利用することで日常生活を快適に過ごすことも出来るということではないでしょうか。

周りはお金に苦労していなそうに見えるものですが、実は懐事情は結構同じだったりするものです。消費者金融に抵抗感があった方は是非借入するという選択肢も取り入れてみては如何でしょうか。

キャッシングの審査を怖れることはない

今はお盆の最中ですがこの時期からお金が無くて困る人が増えてきます。
統計的にもお盆明けにはキャッシングを利用する人が増えるという事が分かっています。

お金がないからキャッシングしたい。でもキャッシングの審査に落ちそうだから申し込みを躊躇しているという方も多いはずです。

確かにキャッシングの審査にかけていざダメでしたという結果だったら申込みするだけ時間の無駄で更に個人情報までさらけ出したことに後悔するかもしれません。

しかしながらキャシングサービスの種類によって異なりますが、そこまで審査に厳しいキャッシングは少ないと言えます。もちろんこれはフリーローンでの話です。住宅ローンなどは審査に厳しいですからね。

フリーのローンならそこまでキャッシングの審査にナーバスになる必要はないと思います。
アルバイトやパートであっても継続的かつ安定的な収入があれば信用情報に傷がついていたり、年収の3分の1までしか借入出来ないという総量規制に引っ掛からない限り比較的容易にキャッシングの審査に通ると思います。

ただ審査がそこまで難しくないからと言って何も考えずに申込みするのは早計です。
まずは申込みする前に各金融サービスを提供しているところで借入診断をかけてみるとよいでしょう。

借入診断にて問題ないのなら、審査に通る可能性は高いと言えるでしょう。
今すぐお金を借りたいのならそれぐらいの手間は惜しまないようにしましょう。
実際に審査にかければ今すぐお金を借りることが出来、即日でお金を借りることが出来る場合が多いです。

ただフリーキャッシングにおいては無担保で借りれるので最初から高い限度額が設定される場合は稀なので必要最小限の金額を申請するようにすると良いと思います。

キャッシングの審査を怖れることはないんです。ただキャッシングの審査に通すために各キャッシングサービスのリサーチを怠らないこととしっかりと借入診断をすること、虚偽の申告をしないことが非常に重要です。

お盆明けでお金に困っている方にとって少しでもお役に立てれば幸いです。