世代別の貯金額

年末になると同級生などと集まる機会も増え、そんな時に話題となるのが仕事の話だったり、年収や貯金の話だったりします。今回、そんな中でも貯金額にクローズアップしてみようと思います。

貯金と言っても、世代によって年収も違う訳ですから、当然貯金額も世代によって大きく変わってきますよね。以下は世代別の貯金額の平均のデータになります。

20代…340万円
30代…730万円
40代…1150万円
50代…1870万円
60代…1980万円

このようになっています。
自分の世代と比べてどうですか?

おそらくほとんどの人が、
え?みんなそんなに貯金してるの?
と思ったと思います。

これはあくまで平均値ですので、
これよりもずっと多い人もいれば、少ない人もいます。
でも、そう考えても結構みんな貯金してるんだなーというのが第一印象ではないでしょうか。

ちなみに、上記で挙げたのは全て独身の貯金額になります。
家族を持っている方になると、更に低くなりますので、家族を持っている方は少し安心してもいいかもしれませんね。

別に貯金というのは人と比べるものではありませんが、自分がどれだけの位置にいるのかはやっぱり気になるところですよね。もし全然足りていないのなら、たくさん働いて貯金をしなければいけないと思いますし、足りているのなら、ちょっと使ってもいいかもしれませんね。

お金はあったにこしたことはないので、貯金も多ければ多いほど良いですが、やっぱりお金は使うためにあるので、あまり貯金だけに意識しても人生楽しくありませんよ?

たまにはパーっと使うのも楽しいですけどね!

今回は世代別の貯金額についてお話してみました。
参考になりましたでしょうか?