借金には時効がある?

このブログではキャッシングについてこれまで色々と書いてきましたが、そんなキャッシングと深い関係にもある借金について今回は書いてみたいと思います。

実は借金に時効があるって皆さんご存知でしたか?
ちなみにここで言う借金とは貸金業者から借りた場合の借金になります。

貸金業者から借りたお金の時効は基本的には5年になります。
ただ、債務名義を作成されてしまうと時効が5年から10年に延びてしまいます。

債務名義とは、民事裁判による手続きのことを言います。
つまり、債権者が裁判所に申し立てを行った場合に発行されるものになります。
借金の回収が出来なければ、貸金業者も出来るだけ回収をしようとします。
ですので、当然この債務名義というものを利用しますので、借金が5年で時効となってしまうケースはほとんどありません。多くの場合は10年となるとお考え下さい。

でも、10年経ったら借金がなくなるってちょっとお得な話だと思いませんか?
確かに10年は長いですが、永遠と抱えているものではないあたりにちょっとだけ気分が楽になる感じがします。しかし、時効の成立は単に10年経過すれば良いという訳ではありません。時効の援用というものをしなければ時効の成立はしないんです。

時効の援用とは、時効の制度を利用して借金を支払わないという意思を債権者に伝えることを言います。…ここがちょっと難しいところでもあります。でも、これさえ行うことが出来れば、借金は1円でも1億円でも帳消しにすることが出来てしまいます。

借りるだけお金を借りて、10年間なんとか返済せずに、最後に時効の援用をし1億円を手に入れることも理論上出来なくはありませんが…まぁ、そんな世の中甘くないということだけお伝えしておきます。。。。。