キャッシングの在籍確認を電話連絡以外で行う方法

キャッシングの利用でやっぱり気になってしまうのが在籍確認ですよね。

在籍確認とはお申し込み時に提出した書類の内容で、
そこに記載された勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するためのものです。

在籍確認は基本的に電話連絡で行われるのですが、
その電話連絡が嫌でキャッシングの利用が出来ないというのも意外と知られていない事実なんです。

仕事上、会社の電話を取り次ぐ方や会社に自分宛てで電話が掛かってくる方であればそこまで問題ではないかもしれませんが、そうでない方にとっては会社に自分宛ての電話連絡が来ること自体が不自然ですからね…。

そんな方に朗報なのですが、
キャッシング会社によっては在籍確認で電話連絡が来ないようにする方法があるんです。

その方法は、会社名が記載され、且つ直近1〜2ヶ月の給与明細書や源泉徴収票などを提出することで在籍証明をすることが出来るというものです。

この方法で在籍証明が出来れば会社に電話連絡が来るということはありません。
最初に言った普段会社に電話連絡が来ないような方にとっては非常に有効的な方法だと思います。

これまでキャッシングのご利用を在籍確認で躊躇われていた方はこの方法をご参考下さい。

但し、キャッシング会社によってはこの方法が出来ないところもありますので、必ず事前に確認するようにしましょう。

どこのキャッシング会社でもこの方法が使えると勘違いしないようご注意下さい。